労働・就職

【外国人労働者受け入れ拡大】改正入管法によって変わる日本の移民政策

*入管法改正案成立 12月8日、改正入管法が成立、2019年4月1日から施行されることになった。この改正案によって、日本の「移民政策」は、大きな転換を迎えることになる。 これまで、単純労働での外国人の就労は原則禁止されてきた。 今回の法改正で、新たな…

長時間労働を巡る攻防 ~ その3「みなし労働時間制」

*高度プロフェッショナル制度とは? 安倍首相が「70年に及ぶ労働基準法の歴史的な大改革」として位置付け、今国会での成立を目指している働き方改革関連法案。過労死やうつ病の要因となっている長時間労働の是正を目的としており、成立すれば2019年4月か…

長時間労働を巡る攻防 ~ その2「裁量労働制」

*拡大の一途を辿る裁量労働制 裁量労働制は、1987年、労働基準法改正によって始まった。労働時間を実労働時間とは関係なく、あらかじめ一定時間を定めて、その時間働いたとみなす制度のことだ。働く時間に関しては、労働者の完全な裁量が認められる。 労働…

長時間労働を巡る攻防 ~ その1「名ばかり管理職」

*働き方改革関連法案 安倍内閣が提出した働き方改革関連法案が、2018年5月30日、衆議院本会議で採択された。 この法案で、時間外労働の上限規制が導入される見込みだ。日本の労働基準法は、欠陥だらけで、早急な見直しが必要だった。先進国では当然規定され…

厳しすぎる!?正社員の解雇要件を緩和したら、雇用は改善されるか

「解雇しやすい社会」にすれば正社員は増える真の意味での雇用の安定をどう考えるべきか 日本型正社員の2大特徴は、①一度雇ったらなかなか解雇できない解雇権濫用法理と、②一度上げた賃金はなかなか下げられないという不利益変更法理です。これらのルールは、…

偽装請負とは何か? - 派遣よりさらに劣悪な労働条件

偽装請負(ぎそううけおい)とは、日本において、契約が業務請負、業務委託、委任契約もしくは個人事業主であるのに実態が労働者供給あるいは供給された労働者の使役、または労働者派遣として適正に管理すべきである状況のことである。偽装請負 - Wikipedia …

年功序列という日本を蝕む制度 - 労働問題と格差の原因

日本企業の人事考課は、職能給に基づいた年功序列を特徴としてきた。どうして、日本では、このような制度が一般化したのか?今回は、それを考える第二回目。【前回記事】・年功序列という日本を蝕む制度 - 職務給と職能給 *職能給はなぜ広まったのか 日本の…

年功序列という日本を蝕む制度

*年功序列とは 年功序列は終身雇用と並び、日本型雇用の典型的な制度と言われ、大企業や特に官公庁で多く採用されている人事制度だ。だが、勤続年数を人事評価において最優先する人事慣行として広く捉えれば、中小を含めた日本の企業のほとんどに見られるき…

就活という世にも奇妙な制度 - その歴史と背景

日本の就活という制度は明らかに、画一的な働き方しか許さない日本の労働環境を作る大きな要因の一つだ。時代の変化に合わず多様な働き方を制限する要因になっているにもかかわらず、就活のあり方は百年一日でまるで変化がない。 だが、日本の経済環境が変化…

就活という世にも奇妙な制度

*由緒正しきシューカツ 日本にはシューカツと呼ばれる古来よりの伝統行事がある。数え年にして22の若者が沐浴して、男は髭をきれいに剃り、女は髪を整え、身を清める。そして、男女ともに全身黒の伝統装束を身にまとい、リクナビフェスという地域一大の祭事…

深夜営業は必要か?- すき屋の報道から考える

*深夜営業は必要か? 牛丼チェーン店すき屋を運営するゼンショーが、2014年4月から12月期の連結決算が最終損益24億円の赤字になると発表した。昨年から、深夜の店舗運営を従業員一人ですべて行わせていたことが問題となっていたゼンショーだが、人手不足を…