暮らし・生活

交通難民化する高齢者

*郊外化 - 古くて新しい問題 日本では、高度経済成長期、特に60年代から70年代にかけて、郊外化が進んだ。 「郊外化」とは、都市部に集中していた居住や消費のための機能が、都市周辺部に移転することを言う。 郊外化の進展に伴って、地方の中小都市では、…

小田急線、悲願の複々線化完成 - 混雑はホントに解消される?!

【朗報】 ・小田急線の複々線化工事が完了し、2018年3月から新ダイヤによる運行が始まる。・混雑率が首都圏ワースト3位の192%から150%程度まで緩和される見通し。 小田急が、複々線工事が完了したことを大々的に宣伝しているので、てっきり全区間で複々線が…

格付けチェック!? クレジットカードで、ステータスを気にする人々

(* `・д・) : この前、読んだ経済紙にクレジットカードの格付けランキングが載ってたんだけど、やっぱり、クレジットカードで、ステータスを気にする人って多いのかな。(=´・ω・) : 今どき、クレジットカードをステータスの象徴とか思ってる人、バブリー時代…

廃品回収車・騒音問題まとめ

*廃品回収車・騒音問題まとめ 廃品回収車、竿竹屋、灯油売り、焼き芋屋。。。等々。 日本では、このような数々の巡回販売業者が、住宅街を拡声機で騒音をまき散らしながら、営業することがごく普通に行われている。 世界的に見ても異常な光景で、日本の住環…

【騒音問題】巡回販売・訪問販売・移動販売の違いとは? - 法的規制の対象を考える

*犯罪の温床となる巡回販売 前回の記事で地域に対して責任を持たない巡回販売が悪質化、犯罪化しやすいことを指摘した。今回はその2回目。 廃品回収車、竿竹屋、焼き芋等その他食品販売、こうした不特定地域を巡回して廻る販売業者が、犯罪の温床になりやす…

悪質化、犯罪化する巡回販売

*ようやく始まった環境省による廃品回収業者指導 平成22年11月、ようやく環境省が、近年、詐欺や恐喝行為により社会問題化している廃品回収業者に対して対策を行い始めた。以下は、11月15日付けの時事通信の記事だ。 不用品回収業者に立ち入り検査を 自治体…

拡声機の商業利用に法的規制を!その2

前回の記事に引き続き、拡声機の商業利用に法的規制をかける上で、政治的あるいは法律的に問題になりそうな点の検討第2回目。 今回は、法的規制を行った際の消費者への影響を考えてみたい。 *需要を守るべきか、公共性を優先するべきか 住宅街を拡声機で喚…

拡声機の商業利用に法的規制を!

*野放しにされる拡声機の商業利用 住宅地を走り回る廃品回収車や灯油の巡回販売、焼き芋屋やら、竿竹屋。。。 住宅地域において拡声機やスピーカーなどを使用することは、明らかに異常な行為だ。しかし、日本ではそれが当たり前のように認められてきた。議…

拡声機騒音に関する条例を調べてみた

*拡声機営業の許される国 廃品回収車、竿竹屋、灯油の巡回販売、焼き芋屋。。。 住宅街の中を拡声機を積んだトラックやワゴン車がウロウロと徐行運転しながら徘徊して廻る姿は、日本では見慣れた光景だ。 日本では、どーゆうわけか、こうした騒音をまき散ら…

廃品回収車などによる騒音被害には110番を!

廃品回収車の騒音に関して、中野区に問い合わせてみた。生活環境分野環境公害担当の方のお話では、廃品回収車による騒音に関しての苦情は非常に多いらしく、毎年100件を超える苦情が区に寄せられるらしい。そこで区の方でも取締りのための巡回を実施している…

【ホントに迷惑!!】廃品回収車による騒音被害

*騒音を撒き散らす廃品回収車 大音量を撒き散らして毎日のようにやってくる廃品回収車。「いらなぐなっだぁー、でぇーぞーこぉ、えぁこぉん…」とおっさんの濁声から「こひぃらふぁ、ふぁいひぃんくわいしゅ~しゃれぇ~す。」と甘ったれた感じのアホな女の…

【世界が絶賛】最も訪れたい国、日本 - 世界中の人々が賞賛した東京の街の美しさ

世界で称賛される、美しき国、日本。 人々は礼儀正しく、穏やかで、マナーを非常に大切にする。治安は良く、町の通りには、ゴミなどほとんど落ちていない。建物は至るところ清潔で、整然とした美しい町並みが広がる。 日本を訪れた人は、日本の美しさに感動…

騒音の大国、ニッポン

*生活音以外の騒音が溢れる国 街中には、さまざまな音が溢れている。 近隣から発生する生活音、工事現場から生じる作業音、交通に伴う振動音など。。。 これらの音も規制値を越えた音量が生じれば、「騒音公害」と呼ぶことができるだろう。 だが、これらの…

挫折産業ってなに? - ダイエットと英会話が長く続かないダメな人々

ダイエットと英会話は非常に似ているらしい。確かに、そう言われるとそうかもしれない。 誰もが一度は挑戦しようとし、そして長く続かず、大した成果を上げないまま諦めてしまう。そして、しばらくしてまた挑戦し始める。 なんだか、これを繰り返してばっか…