株式投資の際にきっと役立つ相場格言まとめ

赤ペンと青ペン


 今ではネットやスマホから株の売買が簡単に出来るようになりました。株式投資を始めた人も多いと思います。相場には、多くの格言が伝わっています。中には江戸時代の米相場から伝わっているような非常に古いものもあります。
 このような古くからの知恵は、今の株式相場においても十分通用するものです。今回は、株式投資初心者にも分かりやすく、すぐに役立ちそうな相場格言を紹介します。


売りは早かれ、買いは遅かれ

 売りの判断は迅速に。買うときは、慌てずにまずは銘柄を良く調べて、買い時をじっくりと見極めてから買った方がよい。

株を買うより時を買え

 株式投資では、銘柄の研究よりも売買時期を見極めることの方が重要。

売り買いを一度にするは無分別、二度に買うべし、二度に売るべし

 株の値動きは完全には予想できないので、同じ銘柄の売買でも、細かく何度かに分けて売買した方がよい。そうすれば、平均価格を売りの時は高く、買いの時は低く抑えることができる。

アタマとシッポはくれてやれ

 最安値や最高値を狙って売買時を逃すよりも、適度な値で売買した方が確実に利益を確保できる。

押し目待ちに押し目なし

 押し目とは一時的な株価の値下がりのこと。押し目を待って買おうとする時に限って、押し目はやってこない。

吹き値待ちに吹き値なし

 吹き値とは一時的な株価の値上がりのこと。吹き値を待って売ろうとするときに限って、吹き値はやってこない。「押し目待ちに押し目なし」と対になる格言だが、相場の読みの難しさを伝えている。

知ったらしまい

 情報というのは公開されたら、その時点でその価値がなくなるということ。

株価は元の古巣に戻る

 株価は一時的な乱高下をすることがあっても、長期的には元の値段に戻っていく。

上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売れ

 会社の業績を反映して株価が上昇傾向にあるときは、多少の悪材料があって一時的に値が下がったときこそが買い時。逆に業績が悪く株価が長期的に下落傾向にあるときは、好材料があってもそのときに売っておく方がよい。

人の行く裏に道あり、花の山

 相場の動きとは逆の売買をすることを逆張りという。人と同じことをしても利益は少ない。大きな利益を得るためには時には逆張りも重要。

もうはまだなり、まだはもうなり

 そろそろ期待値と思っていても、その予想は簡単には当たらない。相場の予測はとかく難しい。

見切り千両

 株価が予想より値下がりした場合は、値が回復するのを待つより、早めに損切りをした方がよい。

利食い千力

 利食いとは利益を確定すること。利確も同じ。利確してしまえば、あとは何も心配することはない。

休むも相場

 相場の読みが難しいときは、無理をせずに相場から一時的に手を引くことも重要。

広告