【炎上】サムスン、発火の続くGalaxy Note 7

炎


 サムスンが炎上している。いや、文字通り燃えている。

 今年8月19日に発売されたSmart Phone「Galaxy Note 7」が、販売直後から、バッテリーが発火する事故が続発。
 サムスン電子は8月末に販売を中止し、世界10カ国で約250万台を回収した。

 バッテリーを韓国製から中国製に変更するなどして、10月1日から販売を再開しているが、バッテリー交換後もまだ、発火事故に収束の様子が見られない。

 依然、発火事故が報道され続けている。

 こんな調子↓

【参考記事】
交換後の「Galaxy Note7」でも発火か - cnet Japan
サムスンタブレット発火でデルタ航空機マンチェスターに緊急着陸 - Sputnik
またまたリコール後のGalaxy Note 7が爆発!突然手の中で溶け出す - iPhone Mania
Samsung、交換品Galaxy Note 7でも発火する事故を受けて声明を発表 - ガジェット通信

 このバッテリー発火問題、いまだに原因が不明だ。製造過程の問題だったのか、構造上の問題だったのか、原因の究明は徹底して行う必要がある。

 なにより発火は、大規模な二次被害につながる恐れがあるからだ。

*他人事ではないバッテリー発火問題

 しかし。。。この20年ぐらいで生活様式が急変した。身近に電子機器が溢れまくっている。

 スマホ、ノートパソコン、カメラ、タブレット、オーディオプレーヤー、携帯ゲーム機。。。

 これらすべてモバイルバッテリーで動いている。

 私なんか、枕元でスマホ充電しながらそのまま寝てしまうのだが、寝ている間に発火なんかしたら、まる焼けである。
 スマホに限らず、寝ている間や留守中に充電している電子機器はたくさんある。安全基準に満たないものや粗悪な製品が横行するようだと、おちおち生活できない。

 今回のサムスンの対応は、直接的な被害者以外には、主にリコールで済ませているようだが、リコールで済む問題じゃないだろう。

 これだけ身近に電子機器が溢れる時代になってしまったのだ。品質管理のできない企業に対しては、何らかの罰則規定が必要なのではないだろうか?

 まぁ少なくとも、枕元で充電することは今日からやめよう。。。

広告