株式投資を始める際に覚えておきたい株式用語まとめ

初心者マークとノート


 株式投資には独特の用語や言葉遣いがたくさんあります。株式投資を始める際は、こうした用語を覚えておく必要があります。今回は、株式投資初心者が、まずは覚えておくべき基本の株式用語を紹介します。


約定

 売り注文、あるいは買い注文が執行されて、株の売買が成立すること。

出来高

 約定した株数のこと。株の取引量を示し、銘柄の人気度を図る目安になる。

利確

 保有している株を売却して利益を確定すること。

買い場・売り場

 買い時、売り時のこと。

塩漬け

 売り場を逃してしまった株を長期間保有すること。

ポートフォリオ Portfolio

 個人や企業が保有する金融資産を種類別に見た内訳のこと。

仕手筋

 プロの投資家、投機家のこと。仕手筋が介入している銘柄のことを仕手株と呼ぶ。投機家の関わった仕手株は、値動きが激しくなることが特徴。

現実買い・理想買い

 株価が値上がるだけの現実的な裏付けがあって買うことを現実買い、人気や噂のみが先行した状態で買うことを理想買いという。

ちょうちん買い

 機関投資家や外国人投資家、仕手筋など相場への影響力が強い投資家のまねをして買うこと。

連想買い

 ある銘柄が値上がったときに、それに関連する銘柄も値上がることを予想して、類似の、あるいは関連した銘柄を買うこと。

ナンピン

 保有している銘柄の値が下がったときに、買い増しをして全体の取得平均価格を下げること。「難平」と書く。

信用買い

 信用取引によって株を買うこと。要するに証券会社から借金して株を購入することで、主にレバレッジをかける際に行われる。リスクが高く、初心者や余裕資金のない人が行うと非常に危険です。

信用売り

 信用取引によって株を売ること。証券会社などから株を借りて、その株を売ることで、後に買い戻して返却しなければならない。これを空売りというが、信用買いと同じくリスクの高い手法。

出遅れ株

 株価が実態を反映せずに、割安のまま放置されている株のこと。

監理ポスト・整理ポスト

 上場廃止の恐れがある銘柄は、投資家に注意喚起する目的で一時的に一般銘柄と区分され、監理ポストに置かれる。そして正式に上場廃止が決定されると、整理ポストに置かれ、一ヶ月の取引を保障した後に廃止される。

株式分割

 発行済みの株式を分割して株の総数を増やすこと。資本金に変化はない。一株あたりの単価を安くして投資家数を増やす目的で行われる。

エクイティファイナンス Equity Finance

 エクイティEquityとは株主資本のこと。エクイティファイナンスは、新株発行によって企業が資金調達を行うこと。企業にとっては自己資本の増加になるが、投資家にとっては一株あたりの価値や配当が希薄化する恐れがある。

デットファイナンス Debt Finance

 デットDebtとは借入金のこと。デットファイナンスとは、銀行借入や社債発行によって企業が資金調達をすること。エクイティファイナンスとは異なり、借入金なので返済義務のある資金となる。

広告