米大統領予備選本格化 - トランプ圧勝で共和党指名候補者として優勢に

アメリカと星条旗

「スーパーチューズデー」でクリントン、トランプ両氏が指名争い本命に

 米大統領選の民主、共和両党候補の指名争いのヤマ場である1日の「スーパーチューズデー」で、民主党はヒラリー・クリントン前国務長官、共和党は不動産王のドナルド・トランプ氏がそれぞれ指名獲得に向け前進した。政界の有力者であるクリントン氏と、共和党を揺るがしているトランプ氏が本選で一騎打ちする環境が整いつつある。

 両氏はそれぞれ7州で予備選挙を制した。クリントン氏は南部と黒人層の支持基盤を背景に勝利し、トランプ氏は現在の政治に不満を持つブルーカラーの労働者層などから支持を得た。党からの指名獲得に向けてクリントン氏はバーニー・サンダース上院議員からの、トランプ氏はテッド・クルーズ上院議員からの追い上げをそれぞれ振り切りそうな勢いだ。

Bloomberg

(=´・ω・) : トランプがここまで勝ち進むとは思わなかったねー。11州の内7州で勝利かぁ。。。

(* `・д・) : 大統領の予備選挙が本格化してきたね。でも、今回の大統領選は、ほんとにトランプ vs クリントンになりそうな雰囲気だね。

(=´・ω・) : 今までの大統領選挙を歴史的に見ると、アメリカ人は、予備選が始まるまでは、ふざけた候補者でも大目に見て話を聞くけど、実際に選挙が始まったら、もっと理性的な判断をする。。。とか、そんなようなことを色んなジャーナリストや政治学者が口を揃えて言ってたけど。。。

 トランプ。。。

 勝ってるじゃん!!

(* `・д・) : なんかすごい勢いに乗ってる感じだよね。。。

 でも、これだけトランプが支持を集めるということは、それだけ現状に対する国民の不満が鬱積しているってことだよね。

(=´・ω・) : 今、アメリカ経済は、回復基調にあるけど、それが国民の暮らしになかなか反映されてこないんだろうね。

 移民による不法就労や低賃金労働、国際市場での過当競争、一般労働者と経営陣との間の極端な賃金格差。。。こういったものがすべて賃金上昇への抑制として働いてる。

(* `・д・) : だから、移民も締め出して、中国とかからの安い輸入品も全部、締め出して、全部アメリカ国内でやればいいじゃん!っていうトランプの過激な発言が受けちゃう。

(=´・ω・) : うん。でも、トランプの言ってることは、ざっくり言っちゃえば、外交も経済も孤立主義でいくってことだよね。

 なんだか19世紀のアメリカに先祖帰りした感じだね。孤立主義、非同盟主義で、モンロー主義復活!!って感じ。

 ブッシュ政権のときは、アメリカの単独主義が非難されてたけど、それはアメリカ一国の利益を考えて、国際政治を主導しようとしたからだよね。
 だけど、トランプの孤立主義は、国際政治からは一切身を引きます、何でアメリカが膨大な軍事費を負担して、国際秩序を守んなきゃなんないんだ、俺はもう、かんけーねー!ってことだからね。

参考
単独行動主義 - コトバンク

(* `・д・) : アメリカが孤立主義に走ったら、国際秩序が崩壊しそうだね。

(=´・ω・) : なんだか怖いなー。

 下の記事で指摘されてるけど、中国、ロシア、ISがアメリカ不在の隙を狙って、積極的な覇権主義に出てきそうだよね。。。

【参考記事】
スーパーチューズデーで圧勝したトランプ氏が米大統領になったら日本は悪夢にさいなまれる - Yahoo! ニュース

(* `・д・) : うん。トランプは日本への敵意も剥き出しだもんね。日米安保も解消しそうな勢いだし。

(=´・ω・) : 日本があれだけもめて集団的自衛権を行使できるように整備したのに、その途端に、肝心のアメリカから断られるっていう(笑)。

 なんだか、壮大なオチだなぁ。

(* `・д・) : トランプが大統領になったら、TPP撤回とか、関税引き上げとか、中国から工場の引き上げとか、経済的にはどうなるんだろうね。

(=´・ω・) : 移民を労働者として使うことも、海外へ製造委託することも禁止するなら、労働者を国内でまかなわなくちゃいけなくなる。そうすると、賃金上昇は避けられないから、アメリカの製品の価格が跳ね上がって、国際競争力はなくなるよね。

 その結果、貿易収支が悪化して、外貨不足に陥って、経常収支も悪化。

 輸入超過(貿易赤字)になって、ドル安傾向が進んで、アメリカの国際競争力が回復する。国内の賃金は、上昇しているから、それがインフレ圧力になって、国内経済が過熱化してくる。賃金上昇に伴って、個人消費も盛り上がってくるから、景気が回復する。。。

 。。。あれ?これじゃ、アメリカ経済復活してる!

(* `・д・) : んっ!?なんかおかしくない?

 メキシコに壁作るとかいってる人の経済政策だよ。何で上手くいっちゃうの?

(=´・ω・) : う~ん、どこで間違えたんだ、これ?

 国際競争を遮断して、国内の労働者のみに依存して、その結果、賃金を上昇させて、個人消費が回復する。それに伴って国内景気が回復する。。。って、これ、フォーディズムだな。。。

 ほんとにアメリカは19世紀に先祖がえりしてるな。

(* `・д・) : トランプの経済政策って、フォーディズムになるの?

 そしたら、黄金の1920年代が復活じゃん!

(=´・ω・) : う~ん、やっぱりおかしい!メキシコに壁作るとかいってるやつの経済政策がそんなに上手くいくはずがないっ!

 アメリカの20年代の繁栄は、当時のアメリカが国際競争力で圧倒的な優位に立っていたからだよ。第一次世界大戦で疲弊したヨーロッパに代わって、債権国として巨額の経常黒字を築いていたんだよ。

 今それやったら、対外債務が膨れ上がって、ギリシャみたいなデフォルト寸前にまで追い込まれるよ。

 ほら、やっぱり、トランプじゃだめだ。

(* `・д・) : なんだか分けわかんなくなってきたけど、やっぱり、トランプの言ってる事は、むちゃくちゃだよ。

 でも、今なんだか話が混乱したみたいに、現状を打破してくれるんじゃないか、って気に一瞬させられちゃうね。。。

 危うくトランプの話に乗せられるところだったねぇ。僕らでもそんな調子なんだから、アメリカで現状に不満を抱えてる人たちは、トランプの言ってる海外締め出しで、アメリカが復活するって考えちゃってるのかも。

(=´・ω・) : アメリカ人はなんだかんだ言って、いつも最後には、最良の選択をするよ。

 ぎりぎりまでトランプが大統領になるんじゃないかって、ひやひやさせておいて、

 「HAHAHA, びっくりした?トランプが大統領になると思って、びくびくしたでしょ!んな、わけないじゃん!!I gotcha~!! It's an American Jokeさ!! HAHAHA!!!」

 っていう壮大なJokeを準備してるんだよ、きっと!

(* `・д・) : 当選するところまでが、jokeだったりして。

(=´・ω・) : 。。。もう、それ、笑えない。。。

広告