米利上げ、日本経済停滞、それでも円高の怪

青空に浮かぶ雲

為替
・ドル円 117円台後半(2016.1.12)

 中国経済をめぐる先行き不透明感が根強く、リスク回避の円買いが進んでいる模様。
 昨年末2015年12月16日、FRBは、政策金利の0.25%引き上げを決定。2008年末から続くゼロ金利政策を解除していた。


(* `・д・) : なんだか、どんどん円高が進んでるね。

(=´・ω・) : うー、もうチャート見たくない。。。

(* `・д・) : コラコラ、現実から目を逸らしたって円高は絶賛進行中だよ。

 いろんな記事見てると、中国株が下落して、そのリスク回避として、円が買われているみたいだね。

(=´・ω・) : ちゃいなは、今、売りが売りを呼んでて、資本が一気に引き上げてるからなー。

(* `・д・) : だけど、日本円ってそんなに安全資産なの?

 よく「リスク回避の円買い」って言われるけど、日本だってそんなに景気がいいわけじゃないじゃん。GDPだって中国に2倍以上の差をつけられたまま横ばいだよ。

(=´・ω・) : うーん、安全資産として円が買われるっていう認識は、正しくないんじゃないかな、たぶん。理由はもっと別にあると思うよ。

(* `・д・) : じゃぁ、何が原因なの?

 だって、昨年末、アメリカは利上げしたんでしょ。そしたらドル建ての金利を目当てに、ドルが買われるんじゃないの?

(=´・ω・) : 普通はそうなるはずなんだけどね。

 金利の上昇幅が0.25%と緩やかだったっていうのもあるけど、アメリカは経済政策として基本的にインフレターゲットを継続中だから、ドルの価値は今後も下がるって見られてるんじゃないかな。

 ・インフレ = 貨幣の価値が下がる
 ・デフレ = 貨幣の価値が上がる

 ってことだから、インフレ傾向のある貨幣は、よほど金利を上げないと、資産として買われるってことはなかなかないんだよ。

(* `・д・) : じゃ、日本円が買われているってことは、日本は今後デフレが続くって考えられているってこと?

(=´・ω・) : うん。たぶん、海外の投資家は、そう判断してるんじゃないかな。

 日本もアベノミクスっていう名前でインフレターゲットを実施していて、量的緩和と2%の物価上昇を目指してるけど、株価が上がっただけで、実体経済には未だに何の効果も出てない。

 逆に、デフレ圧力になる消費税10%は、なにがなんでも実施しようとしてる。

 海外投資家の多くが、日本のアベノミクスは、インフレ目標を達成できないって判断してるんだよ。

(* `・д・) : えー、じゃ、円が買われるのは、やっぱり、日本経済が信頼されてるから、ってわけじゃないんだね。

(=´・ω・) : むしろ、逆だよー。

 信頼されてなくて、今後もデフレが続く、って海外の投資家からは見られてるんだよ。

広告